「審査なし」で10万円を借りる方法はある?消費者金融とそれ以外の解決策を解説

管理人
管理人

10万円を今すぐに借りたい人なら、「審査なし」でお金を借りる方法を探している方も多いでしょう。

「即日10万借りたい」
「今すぐお金が必要」
「審査なしでお金を借りる方法を知りたい」

という方におすすめの借入方法を解説します。

本記事では、「審査なし」で10万円を借りる方法と、「審査が甘い貸金業者」について紹介していきます。

今すぐに10万円を借りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「審査なし」でお金を借りれる銀行・金融会社は存在しない

「審査なし」でお金を借りることのできる銀行・金融会社は存在しません。

その理由や審査内容について下記にまとめました。

  • 借入審査は貸金業法で義務付けられている。
  • 借入の審査で見られること。

それぞれ解説していきましょう。

借入審査は貸金業法で義務付けられている

正規の貸金業者は「貸金業法」を遵守しているため、借入の審査が必ずあります。

貸金業法とは、貸金業者からの借入れについて定められている法律です。

貸金業法には、顧客がお金を借りる際は返済能力に関する事項を調査することが定められているため、正規の銀行・金融会社は審査を行わなければなりません。

中でも無担保ローンを「審査なし」にすることは貸金業者側にとって大きなリスクとなるため、返済能力などが厳しく審査されます。

仮に審査なしと謳っている貸金業者があった場合、財務局又は都道府県に登録していない「違法業者(闇金)」の可能性があるため注意が必要です。

借入審査でチェックされる項目

正規の銀行・金融会社の審査でチェックされる事項には以下のようなものがあります。

  • 申込者本人の属性
  • 個人信用情報の内容
  • 勤務先への在籍確認

「申込者本人の属性」とは、申込者本人の「年齢・就業状況・年収・勤続年数・住宅ローンの有無・他社借入件数」などを指します。

各業者は、これらの属性を点数化した形で融資可能か判断しています。

また、属性に加えて申込者の信用情報が信用情報機関で調査されます。

その他に申込内容に虚偽はないか、勤務先に本当に在籍しているかということが審査され、融資の可否が判断される流れです。

10万円借りるなら大手消費者金融がおすすめ

今すぐに10万円を借りたい方は、大手消費者金融がおすすめです。

なかでも、プロミスは金利も低めで最もおすすめです。

大手消費者金融がおすすめな理由は下記の通りです。

  • 銀行より柔軟な審査
  • 10万円は少額融資なので審査に有利
  • 街中の無人契約機で契約可能
  • WEB完結で手続きが可能

それぞれの理由について解説していきます。

銀行より柔軟な審査

大手消費者金融は、銀行よりも審査を柔軟に行ってくれます。

そのため、アルバイトやパートでも借入できる可能性があります。

銀行は金利が低いというメリットがありますが、その分厳しい審査基準をクリアしなければなりません。

一方の大手消費者金融は、審査基準が銀行よりも柔軟であり、融資までのスピードも早いといったメリットがあります。

10万円は少額融資なので審査に有利

貸金業者にとって10万円は小額融資になることから、審査を有利に進めることができます。

まず、大手消費者金融では50万円以下の借入は収入証明書の提出が求められません。

50万円以下、さらに10万円といった小額での融資を希望すれば、それだけ大手消費者金融の貸倒のリスクが減るため、審査が有利に進められます。

安定した収入と総量規制に余裕がある方であれば、スピーディーに10万円を借入することができるでしょう。

街中の無人契約機で契約可能

大手消費者金融は、全国の街中に無人契約機があるため来店などせずに契約が可能です。

無人契約機なら、スタッフと対面することなくその場でローンカードの発行をしてもらえたり、土日祝日も営業しているので大変便利です。

WEB完結で手続きが可能

無人契約機以外にもWEBで申し込みを完結することもできます。

WEB完結とは、申し込み→審査→契約→借り入れ→返済までの流れを全てインターネット上で完結できるということです。

家から一歩も出ることなく手続きできるところがメリットです。

上記の理由からも、10万円を今すぐ借りたい方は大手消費者金融の利用がおすすめです。

プロミスが最もおすすめ

10万円を大手消費者金融で借りるのであれば、「プロミス」がおすすめです。

プロミスを利用するメリットは4つあります。

  • 融資まで最短30分。
  • 他社と比べて金利が低い。
  • 最大30日間の無利息サービス
  • カードレスでキャッシング可能

プロミスの金利は大手消費者金融の中で最も低く、長期の借入を検討されている方にとってメリットとなります。

「モビット・アイフル・レイクALSA ・アコム」の金利が「18.0%」に設定されている中、プロミスだけは「17.8%」の設定です。

今すぐに10万円を借りたい方は、プロミスを利用してみてはいかがでしょうか。

中小消費者金融なら10万円借りやすい

中小消費者金融であれば、大手消費者金融よりさらに10万円が借りやすいでしょう。

中小消費者金融を利用する際に知っておきたいポイントを下記にまとめました。

  • 中小消費者金融は審査が甘い。
  • 審査でチェックされるポイント。
  • 10万円以下なら借りれる可能性大。

それぞれ解説していきたいと思います。

中小消費者金融は審査が甘い

中小消費者金融のメリットは、大手消費者金融や銀行より審査が甘いところです。

大手消費者金融や銀行では、申込者本人に融資するための基準が厳しく設定されており、それに満たない場合は基本的に否決されます。

中小消費者金融にも同様の審査が用意されていますが、チェックされるのは返済能力が中心です。

あなたの属性に多少問題があったとしても、細かな収支状況をヒアリングして最終判断をくだすため、大手消費者金融や銀行で否決となった方でも借入のチャンスがあります。

審査でチェックされるポイント

中小消費者金融の審査でチェックされるポイントは、基本的には大手消費者金融や銀行と変わりません。

そこで、中小消費者金融が審査で特に力を入れてチェックしているポイントを下記にまとめました。

  • 返済能力の有無
  • 他社借入件数
  • 総量規制以内か否か

中小消費者金融の場合、申込者本人に返済能力があり、他社借入件数が多くても総量規制以内であれば融資対象となります。

信用情報機関への照会はありますが、上記の条件が満たされていれば金融ブラックでも融資される可能性があるのです。

10万円以下なら借りれる可能性大

中小消費者金融での融資申込額を10万円以下にすれば、借りられる可能性が高いでしょう。

前述の通り、消費者金融での10万円の借入は少額融資になります。

さらに融資する金額少なければ少ないほど、貸金業者側における貸倒のリスクが下がるため審査がより通りやすくなります。

審査なしとはいきませんが、5万円借りることは難しくないかもしれません。

このように消費者金融では「審査なし」でお金を借りることはできませんが、次は「審査なし」でお金を借りる方法について説明していきます。

審査なしでお金を借りる方法6つ

審査なしでお金を借りる方法を6つ下記にまとめました。

  1. クレジットカードのキャッシング
  2. 質屋
  3. 公衆接遇弁償費を利用
  4. ゆうちょでお金を借りる
  5. 家族から借りる

それぞれ解説していきましょう。

1.クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠がある方であれば、審査なしでお金を借りることができます。

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があり、後者は振込や全国のATM、キャッシュディスペンサーなどで現金を借入することが可能です。

ただし、クレジットカード申込時にキャッシング枠を作らなかった方の場合、新たにキャッシング枠の審査に申込まなければなりません。

審査に落ちるとキャッシング枠は利用できないため、注意しましょう。

2.質屋

審査なしでお金を借りる方法のひとつが、質屋の利用です。

質屋では、申込者が持ち込んだ品物を担保にお金を借りることができます。

質屋でお金を借りるための流れを簡単にまとめると次のようになります。

  1. 質屋に品物を預ける
  2. 品物の査定
  3. 査定結果に応じた現金と質礼をもらう
  4. 期日までに返済

質屋では、担保となる品物があれば簡単な本人確認だけで現金を借入することができます。

ただし、返済ができない場合は品物が担保として質屋に流れるため、必ず返済できることを前提に利用すべきでしょう。

はじめて質を利用する方に読んでほしい!賢い質屋の使い方 | 質屋の大黒屋【公式】

3.公衆接遇弁償費を利用

公衆接遇弁償費であれば、審査なしでお金を借りることができます。

公衆接遇弁償費とは、財布を紛失したとか何らかの事故に巻き込まれた方を救護するための経費などが認められた際に警察から借入できる制度です。

公衆接遇弁償費の利用が認められる条件を簡単に下記にまとめました。

  1. 外出先で所持金の盗難・遺失した場合
  2. 行方不明者等の保護にあたる応急的な措置の経費
  3. 行路病人など負債者の救護にあたる経費
  4. その他公衆接遇の適性を期するため必要とする経費

ただし、公衆接遇弁償費から借りられる金額は原則1,000円です。

また、家族が迎えに来れるなど他に対処法が認められた場合は利用できないため注意しましょう。

4.ゆうちょでお金を借りる

ゆうちょ銀行を利用している方であれば、審査なしでお金を借りられる可能性があります。

ゆうちょで貯金や国債を預け入れしている場合、その預入金額の90%を上限に融資してもらうことが可能です。

ゆうちょ銀行の窓口、またはゆうちょ銀行のATMを利用することで審査なしでお金を借りることができます。

郵貯の対象となる貯金の種類には4つあります。

  • 担保定額貯金
  • 担保定期貯金
  • 財形貯金
  • 国債

担保定額貯金か担保定期貯金の方であれば、「貯金担保自動貸付け」。

財形貯金の方は「財産形成貯金担保貸付け」、国債の方は「国債等担保自動貸付け」といった融資サービスを利用できます。

ゆうちょ銀行の窓口やATMなどで審査なしで気軽に利用できますが、これら預金のない方は融資対象となりません。

5.家族から借りる

審査なしでお金を借りる方法として、家族に借りるといった手段もあります。

家族であれば審査などなく、金利や返済日なども自由に口頭で決めることができるため、緊急時のお金の借り方とすれば最も手軽でしょう。

ただし、「借用書」を証明書として作成された場合、返済に遅れるなどした際にトラブルが発生する恐れがあります。

身内での金銭トラブルが解決しない場合、今後の人生にも悪影響を及ぼす可能性があるため、利用には慎重な判断が求められるでしょう。

国や自治体から10万円を借りる

国や自治体には、お金を借りることができる制度が用意されています。

国や自治体からお金を借りる方法について下記にまとめました。

  • 公的融資制度の種類
  • 公的融資制度の申請方法
  • 公的融資制度のデメリット

それぞれ解説していきます。

公的融資制度の種類

公的融資制度の一部を下記にまとめました。

  • 勤労者生活支援特別融資制度
  • 緊急小口資金
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 中小企業労働者生活安定資金
  • 年金担保貸付制度

これら公的融資制度は、貸金業者などで否決された方でも条件が合致すれば利用できる制度です。

どこからもお金を借りれずに困っているといった方は、利用を検討してみてもよいでしょう。

公的融資制度の申請方法

公的融資制度のひとつ、「生活福祉資金貸付制度」の申請方法の流れは次の通りです。

  1. 必要書類を揃える
  2. 市区町村 社会福祉協議会へ申込
  3. 都道府県 社会福祉協議会へ送付
  4. 貸付決定
  5. 送金

生活福祉資金貸付制度に申込する際に、必要な書類には以下のようなものがあります。

  • 借入申込書
  • 借用書
  • 重要事項説明書
  • 収入の減少状況に関する申立書
  • 住民票(世帯全員/原本)
  • 預金通帳またはキャッシュカード(コピー)
  • 本人確認書類(コピー)

生活福祉資金貸付制度の上限は20万円で、貸付期間は原則3ヶ月以内といったメリットの多い貸付制度です。

また、条件によっては据置期間1年以内、償還期限10年以内となる場合などもあります。

利用されたい方は、書類を不備なく揃え、すぐに提出できるように整えておきましょう。

公的融資制度のデメリット

公的融資制度には、デメリットもあるため利用には注意が必要です。

例えば生活福祉資金貸付制度は上記のように申込書類が多く、少しでも不備があれば申込がストップしてしまいます。

また、生活福祉資金貸付制度など、公的融資制度は申込から可決、送金まで最低1ヶ月程度かかるともいわれているなど、今すぐお金が必要な方の利用には向いていません。

当然、書類が用意できたとしても100%審査に通過するわけではなく、否決されることもあるので覚えておきましょう。

「審査なし」を謳う違法業者は利用しない

審査なしを謳う違法業者は利用してはなりません。

正規の金融業者・銀行は貸金業法を遵守しており、必ず申込者の審査が存在します。

審査なしを謳う違法業者の危険性について下記で解説していきましょう。

「審査なし」を謳うのは違法業者

「審査なし」を謳う業者は、違法業者と考えてよいでしょう。

貸金業者として貸付を行う場合、財務局又は都道府県への登録が必要です。

仮に審査なしで個人に融資をした場合、貸金業法を無視した貸付となることから業者は罰せられます。

基本的に、正規の貸金業者・銀行が一個人の貸付で法を犯すリスクを選択するはずがありません。

審査なしで融資をするということは貸金業法に関与しない業者であり、間違いなく違法業者と考えてよいでしょう。

違法業者の危険性

違法業者の危険性はいくつもあります。

  • 法外な金利での貸付
  • 厳しい取り立て
  • 完済させてくれない
  • 個人情報の流出の恐れ
  • 身内へ危害が及ぶ恐れ

違法業者は、どこからも借りれないブラックをターゲットにする危険な業者です。

年利1000%を超える法外な金利を請求し、返済が滞れば身内や職場に嫌がらせを行います。

違法業者を利用することで大切なお金だけでなく、社会的信用を失う恐れもあるのです。

審査なしといった甘い言葉に騙されることなく、正規の貸金業者を利用するように心がけましょう。

まとめ

審査なしで経営している貸金業者・銀行は存在しません。

審査が甘い中小消費者金融であれば、ブラックでも融資してもらえる可能性が残っています。

さらに、10万円以下の小額融資であればより借りれるチャンスが高まります。

また、審査なしではなく大手消費者金融で少額で融資してもらうといった方法を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました