ブラックでも作れるクレジットカード!審査の甘い超絶おすすめクレカランキング

ブラックでも作れるクレジットカード!審査の甘いおすすめクレカは?

管理人
管理人

信用情報がブラックだと、クレジットカードの審査に通るか不安という方がほとんどではないでしょうか。

そこで当ページでは、あなたが気になっているであろう以下のような悩みについて解説しています。

  • ブラックでも作れるクレジットカードはあるのか?
  • 審査の甘いおすすめのクレジットカード会社
  • クレジットカードで審査落ちとなる理由

その他、クレジットカードの代わりとして使えるバンドルカードやデビットカードについても紹介しているので、目を通してみて下さい。

ブラックでも作れるクレジットカードはある?

ブラックでも作れるクレジットカードはある?

クレジットカードの審査基準はカード会社の裁量によるので、ブラックでも作れる可能性はあるといえます。

各カード会社は独自の審査基準をもっているため、ブラックだと絶対に審査落ちになるとは言い切れないからです。

とはいえ基本的には難しいのが実情ですし、簡単に作れると思っていると厳しい現実に直面することになるでしょう。

ブラックでクレジットカードを作りたいと思った時は、審査で見られるポイントを意識しながら申し込むことが重要です。

安定収入と信用情報が重要

クレジットカードの審査で見られる主なポイントは

  1. 安定収入(返済能力)
  2. 信用情報

の2つです。

1つ目の安定収入(返済能力)があるかどうかによって「毎月の支払いができるのか」というポイントが見られます。

2つ目の信用情報の内容によって、ちゃんと支払いの約束を守ってくれる、信用できる人物かというポイントが見られます。

あなたの信用情報には、あなたがこれまでにしてきた金融取引(ローンや携帯料金の支払いなど)の履歴が残されているため、その内容にあなたの信用力が反映されていることになります。

勿論、誠実な姿勢を見せても判断の裁量権はカード会社にあるので、確実にクレジットカードを作れるとは断言できません。

客観的にどう見えるか

クレジットカード審査の返済能力に関しては結局のところ、客観的にどう見えるかが重要ですから、例えば地道に仕事を続けて安定収入を証明したり、支払いの延滞をせずに長期間その状態を保つのが得策でしょう。

いずれにしてもブラックでも作れる可能性はありますが、審査基準はカード会社の裁量によるのが事実で、基本的には難しいのが現実です。

できることがあるとしたら、それは柔軟な審査のカード会社を探したり、審査で見られるポイントを理解して審査を受けることです。

次に口コミ・評判などをもとに、審査が甘いとされる、おすすめのカード会社について解説していきます。

ブラックでも通る審査の甘いクレジットカード5選【2020~2021年】

おすすめのクレジットカードランキング

順位 カードの種類 審査難易度
1 三井住友カードRevoStyle三井住友カードRevoStyle 他社で審査に落ちた人、信用情報がブラックな人、1番おすすめ。
▼詳細を見る
2 TカードプラスTカードプラス 他社で審査に落ちた人、収入が不安定な人、信用情報がブラックな人でもOK。
▼詳細を見る
3 TカードプラスセディナカードJiyu!da! 属性がそれほど高くない人、クレジットカードが初めての人におすすめ。
▼詳細を見る
4 楽天カード楽天カード ブラックでも作れた口コミあり。審査が甘め。
▼詳細を見る
5 アメックス(アメリカン・エキスプレス)アメックス(アメリカン・エキスプレス) 現在の返済能力を重視する独自の審査基準。
▼詳細を見る

1位「三井住友カードRevoStyle」

1位「三井住友カードRevoStyle」

ポイント還元率 0.5%
利用可能枠 ~100万円
お支払い日 15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い 
※選択可
国際ブランド VISA
入会資格 満18歳以上
※高校生は除く
※未成年は親権者の同意が必要。

1位「三井住友カードRevoStyle」は年会費無料とポイント2倍が魅力で、計画的な支払いができるクレジットカードです。

リボ払い専用なのでそこは気になるところですが、手数料は9.8%と良心的ですし、リボ専用カードなだけあって審査はやや甘めです。

実際のところは審査を受けてみないと分かりませんが、挑戦してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

期待値は高いですし、ブラックでも審査に通ったという人もいるので、興味を持って挑戦を検討しないのは勿体ないです。

2位「Tカードプラス」

2位「Tカードプラス」

ポイント還元率 0.5%
利用可能枠 審査後に決定
お支払い日 毎月の締切日(5日)・当月27日払い
国際ブランド JCB
Mastercard
入会資格 20歳以上の方

2位「Tカードプラス」はTSUTAYAが発行するカードで、年会費無料な上に3倍のポイントが強力です。

レンタル更新費用はずっと無料ですし、更新手続きは自動更新で不要になりますから、TSUTAYAの利用が多い人に最適です。

提携先のお店では、通常ポイントに加えて支払いごとにWポイントが貯まるので、普通のTカードと比べてかなり魅力的です。

SMBCモビット発行のTカードプラスは特に、これまでの信用情報より現在の支払い能力重視の傾向ですから、ブラックでも審査を通る可能性はあるでしょう。

3位「セディナカードJiyu!da!」

3位「セディナカードJiyu!da!」

ポイント還元率 0.5%
利用可能枠 1万円~200万円
お支払い日 毎月末日締め・翌月27日払い
国際ブランド JCB
Mastercard
VISA
入会資格 高校生を除く18歳以上

3位「セディナカードJiyu!da!」は年会費無料で支払いの自由度が高く、ダイエーやイオンを利用すると毎日3倍のポイントがつきます。

海外のショッピングでもポイントが貯まるので、海外旅行の機会が多い人にも向いていると思われます。

主婦や学生の利用も想定されていますから、審査基準の詳細こそ分かりませんが、甘めの傾向と考えて間違いないでしょう。

完全なブラックだと流石に利用は難しいでしょうが、ブラックの初期段階ならまだまだ可能性は残るはずです。

セディナカードJiyu!da!【公式サイト】を見る

4位「楽天カード」

4位「楽天カード」

ポイント還元率 1%
利用可能枠 最高100万円
お支払い日 毎月末日締め・翌月27日払い
国際ブランド JCB
Mastercard
VISA
Amex
入会資格 高校生を除く18歳以上

4位「楽天カード」はCMでおなじみのクレジットカードで、割と審査が甘いという評判があることで有名です。

年会費無料でポイントが貯まりやすく、楽天グループにおける利用に最適ですから、作ることができるなら1枚持っておくと便利です。

ブラック状態でのカードの申し込みは、通常だとかなり時間が経過しないと作るのが難しいといわれています。

ところが楽天カードはこの期間が短めで、非常にブラック度が高い状態でダメ元で申し込み、審査に通って驚いた人もいるくらいです。

楽天カードの詳細はこちら

5位「アメックス・カード」

5位「アメリカン・エキスプレス・カード」

ポイント還元率 1%
利用可能枠 一律制限無し
お支払い日 個別に設定
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
入会資格 20歳以上

5位「アメリカン・エキスプレス・カード」といえばブランド力が高く、ステータスを重視するカードとして知られています。

その為審査のハードルは高いというのが通説ですが、ブラックのはずなのにカードを手にしている人も存在します。

審査に通った理由はケースバイケースでしょうが、返済の延滞が長期間ではなかったり、債務整理などから時間が経過していれば通る可能性は十分にあります。

つまり、ブラックのつもりが実は思い込みで、ブラック入りしていない為にカードを作ることができたと考えられます。

完全ブラックで新規にカードを作るのが難しいのはどこも同じですから、案外このパターンで審査に通っている人は少なくないでしょう。

アメックス【公式サイト】はこちら

クレカで審査落ちとなる理由(債務整理・延滞・滞納)

クレジットカードで審査落ちとなる理由

信用情報がブラック(延滞・滞納者としての履歴)

クレジットカードを申し込み審査を落ちてしまう理由を挙げるなら、一番はやはりブラックであることです。

ブラックとは信用情報に記録される状態の通称で、悪質な延滞や債務整理、自己破産によってこの状態になります。

ただブラックの判断基準はカード会社ごとに異なるので、一方の審査が通らなくてももう一方では通ることがあります。

延滞が長期に及べば金融事故とみなされ、融資を行うにはリスクが高い人物と判断されてしまいます。

しかし返済日より数日の遅れ程度であれば、すぐに悪質な延滞として記録に残ることはないです。

借金踏み倒しの場合

借金踏み倒しでも作れるかとの疑問もありそうですが、借金踏み倒し自体が現実的に不可能なことなので、ここでは議論すべきでもないでしょう。

借金踏み倒しが成立するのは、返済期日を過ぎてから5年の間、業者が請求をしてこなかった場合です。

返済期日から5年の間に業者が一切請求をしてこないことはほぼあり得ません。

仮に5年間請求がなかった場合は、債権者に時効の援用を伝えるなどの一定の手続きを踏む必要があります。

収入面のマイナス評価(無職はNG)

審査落ちで割とよくあるのは収入が不安定な職業だったり、借入希望に対して収入が少ないケースです。

勤続年数が半年未満と短い人も、返済能力の判断には実績が不十分なので、同様に審査落ちになる可能性が高いです。

家族構成も審査で評価されますが、他社の借入が多くて追加の融資に不安を感じさせる人も、審査に通りにくいものと思われます。

逆にクレジットカードを含めた借入の実績がなく、いきなりカードを作ろうとする場合も審査のハードルは上がるでしょう。

思い当たる節がなければいずれかの理由が当てはまりますが、債務整理や自己破産で信用情報に傷があるならそれが致命傷となり得ます。

もし後払い決済が目的でクレジットカードを作りたいのであれば、審査の甘い消費者金融でお金を借りる方法もあるので、こちらの記事を参考にして下さい。

ブラックでも借りられる消費者金融はこちらで紹介

必ず審査が通るクレジットカード?

必ず審査が通るカードとして、チャージ式のバンドルカードといったタイプが挙げられます。

チャージ式のVISAのプリペイドカード

バンドルカードは正確にはクレジットカードではなく、チャージ式のVISAのプリペイドカードです。

チャージ式は文字通り、前払いでチャージしてカードを支払いに利用する形なので、ブラックでも作れるカードとなります。

バンドルカードは実店舗でも使うことができるもので、本人確認が不要だったり数分の所要時間でクレジットカードが手に入ります。

チャージ手段にはコンビニでの入金やキャリア決済、ビットコインにATMやネットバンクからの入金といったものが用意されています。

銀行なら口座から即時引き落としが行われますから、後日支払いに追われる恐れはなく安心です。

クレジットカードの代わりとして使える

バンドルカードは、クレジットカードの代わりとして使えるVISAのプリペイドカードなので、VISAのマークがある世界中の加盟店で利用できます。

ネットショップの支払いも、実店舗の買い物もこれ1つで実現しますから、単純に利便性という意味でも大きな魅力があります。

ブラックでも作れるカードで誰にとっても簡単ですから、悩まずクレジットカードを手に入れられます。

バンドルカード【公式サイト】はこちら

デビットカードならブラックでも作れる(ほぼ審査なし)

デビットカードならブラックでも作れる(ほぼ審査なし)

銀行口座から即時引き落としのカード

デビットカードは銀行口座から即時引き落としされるカードのことで、そこは後日支払いが発生するクレジットカードとの違いです。

デビットカードの特徴はほぼ審査なしでカードを作ることが可能だったり、口座残高が利用限度額で使い過ぎの心配がないことです。

しかも利用毎にポイントがつくことや、利用明細がメールで通知されるメリットもあります。

おすすめのデビットカードは大手銀行の提供で、VISAやJCBといったカード払いに対応するものです。

またデビットカードの提供を行う銀行口座を持っているなら、その銀行のカードも検討をおすすめできます。

参照:デビットカードの正しい基礎知識と使い方 | JCBデビット

デビットカードの選び方

デビットカードの選び方ですが、基本的には年会費無料を候補にリストアップして、利用手数料やポイントの還元率で絞り込んでいきましょう。

後はカードデザインの選択肢が豊富で、好みのデザインが選べることも大事なところです。

最も肝心なのはブラックでも作れることなので、カードの確実な入手を重視するならデビットカードが狙い目です。

どうしてもクレジットカードにこだわりたいのであれば、先に紹介した審査の甘いクレジットカードランキングを参照してみて下さい。

ブラックでも作れるおすすめクレジットカードの解説に戻る ⇑(上に飛ぶ)

まとめ

信用情報がブラックだとクレジットカードを作ることは難しいですが、チャンスはあります。

ポイントは独自の審査基準をもつ、審査の甘いクレジットカード会社を選ぶことです。

口コミ・評判やカードのスペックをもとに、ブラックの人にも審査通過のチャンスがあるクレジットカードとして、当サイトが1番おすすめするのが「三井住友カードRevoStyle」です。

年会費無料で18歳以上(高校生は不可)であれば誰でも申し込みができるカードで、ポイントプログラムなどの特典も十分な内容となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました